マリンレジャーにうってつけ

女性

本島北部に見える小さな島

沖縄本島最北端側にある島で、晴れていれば岬から一望できる離島。一見沖縄っぽい南国情緒漂う島内ですが、所在は鹿児島に部類されています。県境であるため、沖縄と鹿児島の文化が入り混じったユニークさを感じられるでしょう。

船や飛行機といった交通手段がある

沖縄から与論島を訪れるなら、交通手段は飛行機や船が基本。飛行機は、早く島に到着しますが便数が比較的少なめです。船なら便数が豊富なので、毎日気軽に訪れられます。移動時間は若干長いですが、船に揺られながら海をゆっくり眺めるのも悪くありません。

美しい海が一望できる

何と言っても、与論島には美しい海が一望できるスポットが豊富にあります。ツアー商品も、美しい海を活かした内容のものが多いのが特徴。水の透明感に定評があるので、一見の価値アリです。また、運が良ければ、干潮時に現れる砂島が現れるので、上陸してみるのはいかがでしょうか。

自転車なら3時間ほどで1周できる

島内散策なら、レンタカーもアリですがレンタルサイクルでゆっくり回ってみるのもおすすめです。時間制で自転車をレンタルしてくれるショップも存在するので、ゆるりと島内の観光スポットやお店を巡ってみるのもおすすめです。

与論島おすすめのレジャー

no.1

ダイビング・シュノーケリング

海中の透明度が高いと定評がある与論島をツアーで訪れた以上、海中散策も行なわずに入られません。経験豊富なガイドがおすすめするダイビングやシュノーケリングスポットも短時間でつける場所ばかりなので、初心者でも楽しめます。

no.2

SUPガイドツアー

話題のSUPで与論島の海を散歩してみませんか。はじめての人でも、ガイドが丁寧に指導してくれるので、安心して海に出れます。海の上という位置からヨロンブルーを一望してみるのもおすすめです。

no.3

ラブチューブ

海上のジェットコースターを満喫してみませんか。ラブチューブは、2人乗りのマリンアトラクションで、超速急ならではのスリルを存分に満喫できます。カップルで楽しむのも良し、親子で感じるのも良しです。

no.4

シーカヌー

穏やかにヨロンブルーを満喫したいのであれば、シーカヌーがおすすめです。小舟で離れた場所から島を一望出来るのはレアで、飛行機や船舶でも見受けられない光景を楽しめます。また、同行するガイドによってはおすすめの風景が見れるスポットに案内してくれます。

no.5

サンセットクルーズ

美しい夕暮れを海の上で一望するサンセットクルーズは、極上の気分を味わえます。運が良ければ、日没直後に光が一瞬だけ緑色に見えるグリーンフラッシュという珍しい現象に遭遇出来ます。見た人は幸せになれるといの言い伝えがあるので、運気をアップさせたい人におすすめです。

ボートフィッシング

与論島には、色んな種類の魚が生息しているので、フィッシングを存分に楽しめる島でもあります。魚が多く泳いでいるリーフ内での釣りなので、初心者でも存分に楽しめます。ちなみに、自然保護のためキャッチ&イートではなくリリースがメインとなります。

広告募集中